なるみ幼稚園

最新情報

出前授業

 4月から小学生になる、5歳児の子ども達対象に橋本小学校の先生が出前授業に来てくださいました。
 ♪キンコーンカンコーン♪ベルが鳴ると授業が始まります。
『起立』『〇〇時間目の授業をはじめます。』『おねがいします』『着席』。
子ども達が小学一年生に変身です。

2022-03-11

 この日は、国語と算数を教えていただきました。
先生の質問に対して手を上げて答えます。あてられた子はドキドキしながら、答えている様子が
うかがえました。
 小学校の先生方は、1人ひとりの答えに対して『よく、気がついたね。』などと褒めてくださり、
子ども達も自信につながったと思います。

2022-03-11

 45分間椅子に座っての授業でしたが、子ども達が興味が持てるように楽しく授業をして
くださったので、あっという間に感じました。
 小学校って楽しそう。小学校へ早く行きたいなぁー。
子ども達の心の呟きが聞こえてきました。
 橋本小学校の先生方、ありがとうございました。

2022-03-11
卒園記念マラソン

 毎日、時間を決めて園庭をランニングしていた子ども達。
今日はその練習の成果を出すべく、桜で有名な背割堤を走りました。

 目標は『最後まで止まらず、歩かないで走りつづける』です。
幼稚園から熱い声援を送ってくれた小さなお友だちと、寒い中沿道から応援してくださった
保護者の皆様のお陰で、最後まで走りつづけることができました。

2022-03-11

 園に戻ってから、子ども達一人ひとり、担任から金メダルを首にかけてもらいました。
 子ども達の表情は、満足感に満ちあふれていました。
 よくがんばりました!!

2022-03-11
なるみモールへようこそ

 『お店屋さんごっこしたくない?』『したーーーーい!!』と、いうことで
5歳児がお店を開店することになりました。
 まずは何屋さんにする??と、子ども達と話し合い
洋服屋さん、お風呂屋さん、回転ずし屋さんに決定!!

2022-03-03

洋服屋さんは、ファッションショーがしたい!
お風呂屋さんは、ゲームコーナーもフードコートもつくりたい!
回転ずし屋さんは、最後ガチャガチャしたい!!
子ども達のアイディアがたくさん盛り込まれたお店屋さんが出来上がりました。

2022-03-03

洋服屋さんは『このネクタイお似合いですよ。』とコーディネートしてくれます。
お風呂屋さんは、『お風呂あがりには、ミックスジュースいかがですか?』とすすめてくれます。
回転ずし屋さんは『へい、いらっしゃい!ご注文は??』と聞いてくれます。

 子ども達一人ひとりがお店のスタッフになったり、お客さまになったり、ごっこあそびを楽しみました。
マスク越しの子ども達の表情のいいこと!!
生き生きワクワクが体から感じるひとときでした。

2022-03-03
“カプラ”ワークショップ

 5歳児向けに(株)エールより講師の先生をお招きして、木で作られた造形ブロックの作成を教えて
いただきました。厚み1cm、幅3cm、長さ15cmのブロック1万ピースを使い、想いおもいの家を作ったり、そこに屋根や煙突もつけました。そして最後にお友だちの家まで線路をつなげ、1つの街に
なっていきました。

2022-02-22

 『あー、楽しかった。』『もっともっとしたい』と子ども達が感想を言ってくれました。
その日の自由遊びはもちろん“カプラ”の街づくりでした。
みんなで協力して、みんなが楽しめるって素敵なことですね。

2022-02-22
大型人形劇

 PTAさんからのお年玉プレゼントとして、劇団バクさんによる大型人形劇『こぶとりじいさん』を
観劇しました。
 音響、照明、背景転換、登場人物を、4人でされているとは思えない魔法のような演出で、子ども達も
食い入るように見ていました。

保護者の皆様方、素敵なプレゼントをありがとうございました。
2022-02-22
おにはそと!ふくはうち!

 2月3日節分の日。悪い鬼たちをやっつけてやろう!!と息巻いている子ども達のところに、
今年もやってきました!赤鬼、青鬼、緑鬼!!

2022-02-22

 『ソーシャルディスタンス』を保っていつもより勢いがない予定!?の鬼たちでしたが、子ども達の姿を見つけると水を得た魚のように大暴れでした。
 そんな鬼たちに果敢に挑む子ども達!!涙と鼻水で顔もグチャグチャになっていました。
子ども達の勢いに負け、鬼は八幡の男山の奥へと逃げて行きました。

 八幡宮の梅の木のつぼみがクスクスと笑ったような気がします。
春の足音がそこまで近づいてきましたね。



2022-02-22
新しい年が始まりました。

 寒い中ではありましたが、園庭で始業式を行いました。
園長先生の顔を見つめてしっかりと話を聞く子ども達。一人ひとりの目の輝きから良い年の
スタートを感じました。

2022-02-17

 そして、子ども達が楽しみにしている給食では、お正月の行事食として、
赤飯・さわらの幽庵焼き・さつま芋の甘煮・京野菜と白玉のお雑煮をいただきました。
今年も一日いちにちを大切にし、元気な子ども達の声やたくさんの笑顔が見られることを
楽しみにしています。

2022-02-17
クリスマス会

 幼稚園では一足早くクリスマス会が行われました。
当日、子ども達もなんだか朝からそわそわしています。
朝のお片付けもまぁー早いこと!!それだけ楽しみにしていたんですね。

2021-12-20

 さぁ、クリスマス会のはじまりです。園長先生からクリスマスの由来の話を聞き、厳かな雰囲気の中
キャンドルサービスが行われました。美しい灯火を見ながら、子ども達と世界中の人の幸せをお祈り
しました。

2021-12-20

 しばらくすると、『シャン♬シャン♬シャン♬』と鈴の音が聞こえてきました。
ホールの舞台の幕を開けると、サンタクロースが!!
大きな大きな袋を抱えてやってきました。子ども達、大興奮!!歓声が沸き起こっていました。

2021-12-20

 5歳児から『どうして赤い服を着てるの?』と質問がありました。
するとサンタさんが、『トナカイさんが私のことをすぐ見つけられるように目立つ服を着てるんじゃよ。』と答えてくれました。

2021-12-20

 あの大きな大きな袋の中は、友だちと遊べるおもちゃがいっーぱい入っていてプレゼントして
くださいました。『次の国の子ども達が待っとる』と急いで帰って行ったサンタさん。
 子ども達が保育室に戻ってみると、一人ひとりのバックの中にもプレゼントが入っているじゃ
ありませんか!『いつ、サンタさんプレゼントを届けてくれたんやろ?』『ありがとう、サンタさん』
『ありがとーーう!!』と、お空にむかって叫んでいました。

2021-12-20

 その日のクリスマス特別給食は、『ビーフシチュー、マカロニサラダ、塩パン、ジョア』
デザートは『マリトッツォ』です。
心もお腹も満たされた、幸せな一日でした。

2021-12-20
図書館見学

 5歳児が社会見学の一環として、八幡市図書館へ行ってまいりました。

 図書館司書さんから、図書館のことを詳しく教えていただきました。
車で移動する移動図書館や、目の不自由な方に点字の絵本があることを興味津々に聞いていました。

 この日は、子ども達一人ひとり、絵本や図鑑などお気に入りの本を選び借りて帰りました。
「オオサンショウウオの図鑑」「京阪電車」を選ぶ子もいました。
みんなで絵本や図鑑を見るのが楽しみです。

2021-12-15
交通安全教室

 1月にある、実際の道路を歩き横断歩道をわたる実施訓練の前に、5歳児が八幡警察の警察官に
ご指導をいただき、室内で模擬の道路で横断する練習をしました。
模擬の道路といえども、信号を確認し安全確認後、横断歩道をわたるのは難しいようでした。
 次回の交通安全教室は園外です。がんばろう!!

2021-12-15
一日動物園

 今年もポニー動物園の仲間達が、幼稚園に遊びに来てくれました。
朝からウサギ、モルモット、ニワトリ、アヒル、ヤギ、ポニー、ヘビ、マーラー、ミーアキャット、ブタ、セキセイインコ、カピバラ等が賑やかにおしゃべりしています。

2021-12-15

 ポニー動物園の園長先生から、動物と仲良しになる方法は魔法の言葉「かわいいね♡」を
たくさん言ってあげてほしいと教えていただきました。

2021-12-15

 最初は恐る恐るさわっていた子ども達。「うさぎさんの毛はフワフワ。ブタさんは、かたい毛や。」
など、徐々に動物と仲良しになってきました。動物にエサをあげたり、抱っこさせてもらったり、
首に巻いたりとたくさん触れ合うことが出来たようです。

2021-12-15

 子ども達に魔法の言葉「かわいいね♡」をたくさん言ってもらい、お腹いっぱい食事をした
ポニー動物園の仲間たち。みんなに見送られて、ご満悦で帰って行きました。
また来年遊びに来てねー。

2021-12-15
消防見学

 年長児が八幡市消防本部へ社会見学に行きました。
クラス毎に救急車、ポンプ車、救助工作車に分かれて、順番に説明していただきました。
 それぞれの車の設備一つひとつに、子ども達は興味津々。
消防士の方々の楽しく丁寧な説明とデモンストレーションに目を輝かせていました。

2021-12-15

 最後に大きなはしご車の登場です。
先端の部分に、担任の先生2人も特別に乗せてもらうことになりました。
ぐんぐん伸びていく長い長いはしご。見上げても、あまりの高さに先生たちの姿は見えなくなるほどでした。

2021-12-15

 あんなに高い場所で救助作業をされる消防士さんの凄さを改めて感じました。
子ども達のために、お忙しい中、見学の機会をくださった消防本部の皆様、本当に
ありがとうございました。
 憧れの眼差しで見つめていた子ども達から、未来の消防士さんが生まれるかもしれません。

2021-12-15
このページのトップへ